通信制高校の4つのメリットとそのデメリットについて

高校卒業資格は問題なく取れます

ここでは高校卒業資格を取得したい方が通う、通信制高校のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

通信制高校のメリットについて

1.自分のペースで勉強できる

1つ目にまず考えられることというのは、自分のペースで勉強が出来るところであり、特に仕事を持っている人や、経済的に苦しく昼は仕事をしている場合には、大変有効です。
ただし自分自身で時間をコントロールすることが出来るということが必要になります。
そのことは自分自身をいろんな場面に想定しながらコントロールするということで、自主性というのが養われるということもあります。
自主性の強い子供になりやすい環境なのです。
ただしこの2つ目については、コミニュケーションが極端に少ないために対人に対しての発達に問題が生じる場合があることがデメリットです。

2.無駄な授業の時間が省ける

また、2つ目に通信制ということもあり、余分な部分と考えられているところについてはカットされ洗練された学習内容になっています。
自分が学ぶことについての内容がストレートに学習できるところがメリットです。

3.費用が全日制と比べて安い

3つ目というのは、無駄になると思われる費用面がコストカットされていることで、その人に対して学費の面での負担が少なくて済むところであります。
3つ目については、団体活動が出来ないことがデメリットになります。
コミュニケーションの部分が未発達のまま高校生活を送ってしまうことがネックになります。
上の学校への進学ができればそのときに改善できるところでもありますが、できないとなると不適合者になる場合も考えられるところでもあります。

4.不登校の生徒にも高校卒業の道が開ける

最後の4つ目というのは、対人について違和感がある子供については、保護的な意味もあり、徐々に慣れさせていくことのできる環境にあります。
それではデメリットというのは、まず1つ目に孤独との戦いというところもあり、自分でコントロールが利かなくなる場合が出てきます。
その場合サポートが出来ている通信制のところであれば引き戻ことも可能ですが、強い意志の持った子供しか切り開くとこができない過酷な環境ともいえます。

以上これが通信制高校のメリット・デメリットについて考えたことになります。