女性にとっての職業としての薬剤師のワークライフバランス

薬剤師の転職について思うこと

薬剤師の転職について、私が思っていることをお話します。
私は病院で看護師として働いていました。
その際に、薬剤師の仕事も見てきて、たいへん忙しいことを知っています。
薬剤師は、外来、入院患者さんの薬に関して、一気に引き受けて行なっています。
病院では、休む暇もなく、仕事をしている薬剤師をたくさん見てきたのです。

薬剤師のワークライフバランスについて

ただ女性にとって薬剤師の仕事はワークライフバランスのとりやすい仕事ではないかと思います。
今の日本で薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業する必要がある。
以前は四年制だったが、現在の薬学部は六年制になっている。
理系のため、大学費用の費用も文系に比べると高額になる傾向にある。
友人の薬剤師からは、薬剤師になるための六年という期間と、高額な授業料を考えると薬剤師の給料は安いという意見もあった
しかし、大手の企業ですら倒産してしまうような世の中で、専門職として確立しており、おおよそ四百万以上の安定した収入を得ることができる仕事は魅力的だと思う。
薬剤師の勤務先はいくつかあるが、調剤薬局であれば、夜勤がないところがほとんどだろう。
安定した収入が見込めることができて、勤務時間も安定している。
薬剤師の職業は、女性にとってワークライフバランスをとりやすい職業だと思われる。

薬剤師の婚活&転職事情

そんな薬剤師の中で、結婚をして、出産をしている人もいます。
その人たちの話を聞くと、病院で薬剤師として働いていくことに不安があると話していました。
私もそれは理解できたのです。
そのために、病院ではない就職を、転職して考えているといっていました。
生活に合わせて、仕事も転職していくことは必要でもあると感じています。